『文子と早春の煙』 登場人物のご紹介
赤松文子 赤松文子 (アカマツ フミコ)

大学三回生(三年生)。神奈川県出身で、古いアパート「若竹荘」で一人暮らししながら大阪の大学に通ってます。

小説を書くのが趣味で、大学では文芸サークルに所属しています。

下田と趣味があったため意気投合し、小説の話をしたり書いたものを批評しあったりする仲に。
下田瞳 下田瞳 (シモダ ヒトミ)

小説を書くことで孤独を癒しながら生活してきた女性。20歳の頃から食品会社で派遣社員として働き、21歳からは赤松文子も住む若竹荘で一人暮らしを始めました。

この漫画の他に、『いつも故郷へ』にも登場しています。
瀬山昌弘 瀬山昌弘(セヤマ マサヒロ)

赤松文子と同じ大学で同学年の学生です。文芸サークルの中心的な人物です。

赤松文子と話す際だけ毒舌になる傾向があります。
瀬山洋子 瀬山洋子 (セヤマ ヨウコ)

瀬山昌弘のいとこで、民宿を経営している家の娘です。

この漫画の他に、『オーシャン チャイルド』や『いつも故郷へ』などにも登場しています。
瀬山ゴッサム 瀬山ゴッサム (セヤマ ゴッサム)

瀬山洋子の家で暮らす男の子。洋子の従弟ですが実の姉弟のような関係です。

この漫画の他に、『発明王子ゴッサム君』などにも登場しています。
江藤理奈 江藤理奈 (エトウ リナ)

瀬山洋子の幼馴染で親友です。

この漫画の他に『オーシャン チャイルド』や『いつも故郷へ』などにも登場しています。
中川輝光 中川輝光 (ナカガワ テルミツ)

家族旅行で瀬山家が経営する民宿へ泊まりにきた小学生の男の子です。

この漫画の他に、『いつも故郷へ』などにも登場しています。
タウリン タウリン

若竹荘の大家の孫です。

この漫画の他に、『いつも故郷へ』にも登場しています。

inserted by FC2 system